fc2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

关于苏门答腊巨扁如何使用菌瓶饲养(※日本語に翻訳すると文字化けします)

“请告诉我使用的菌丝。”
这样的询问很好。

如果您这样问我,我回答您。
饲养环境、装法、使用方法不同的话,即使使用同样的菌丝也不会有同样的结果。

菌丝要在自己的饲养环境中长期使用相同的菌丝,抓住菌丝的特征是很重要的。

在可以公开的范围内告知我方菌丝的处理。

--------------------------------------------------------

使用的菌丝的特征和特性

我们现在使用3个品种的菌丝。

我尝试了很多其他种类的菌丝,
这3个牌子都连续使用了6年以上。

温度19 ~ 21℃,湿度在50 ~ 70%管理

菌丝A(大紫菌)
木屑粗细:粗+微粒(同制造厂的粗目块和微粒块1:1混合)
老化速度:加快
初令~ 3令初期的成长速度:快
经过6个月左右的时候,有体皮变厚变黄的倾向(成熟不会很快长到最后)

B类(姬菌)
木屑粗细:中~微粒
老化速度:普通
初令~ 3令初期的成长速度:普通
经过6个月的时候身体皮还很薄,感觉会再长一层。

C(姜菌)
木屑粗细:中
老化速度:减慢
初令~ 3令初期的成长速度:慢

--------------------------------------------------------

木屑的粗糙度

3瓶羽化的第1 ~ 2瓶,和2瓶羽化的第1个的情况,
我不太在意木屑的粗糙度。

最终瓶(羽化用)太粗的木屑好像不太适合。
如果是成熟前的三令幼虫还好,不过三令后期的幼虫有容易暴走的倾向。

--------------------------------------------------------

菌丝和瓶子的材质,盖子(过滤器)的结合

牌子A使用的瓶子
※第1瓶使用650ml的PP瓶(海绵过滤器)。

牌子B使用的瓶子
①玻璃瓶(夹纸)
菌丝的空气循环有点差。
上部容易积水老化很快。
②清透瓶(3孔过滤器):
菌丝的空气循环有点差。
上部容易积水老化很快。
③PP瓶(夹纸型):
上部容易积水老化很快。
④PP瓶(G-pot史鲍特的空瓶):
上部不易积水(变得干燥)
可能是因为透气太好,靠近过滤器的部分偶尔会有发霉的时候,但是因为上部干燥,所以不怎么扩大。
※我方在成长期使用的牌子B使用④的G-pot史鲍特1500ml或2000ml的瓶子。
这个瓶子被认为可以倒着饲养,但是倒着不使用。

牌子C使用的瓶子
※羽化用,使用3200ml的清透瓶。
盖子的三孔类型通气孔不足。
再补个洞,夹上纸。
如果增加孔的话干燥也会加快,
菌丝上部会感觉干燥。

20071401_R.jpg

--------------------------------------------------------

菌丝的压、装方法
3瓶羽化的第1瓶,在放松中堵塞。
中心有直径10 ~ 15mm的通气性兼初~ 2令幼虫投入用孔。
2瓶羽化的第1瓶和3瓶羽化的第2瓶,稍微加固着。
中心有直径10 ~ 15mm的通气性兼初~ 2令幼虫投入用孔。
最后一瓶是压的超紧的。尤其是瓶肩位置。
中心是直径约50mm的通气性兼3令幼虫投入用孔至底部。
安丼先生的作品,压紧瓶肩的器具

20071402_R.jpg

20071403_R.jpg

20071404_R.jpg

20071405_R.jpg

20071406_R.jpg

可以像这样漂亮地打孔。

通过干净地打孔,抑制表面的恶化。

压力的大小用语言不能很好地表达,
压力的大小是使用压缩机用力的程度,
我认为这是一种严格的强度。

--------------------------------------------------------

菌丝装入后的使用时期

菌丝装入瓶子后至少一个月不使用,让它恢复。
如果是第1根,如果是堵塞不久的菌丝,吃起来可能不好。
如果是最后一瓶的话,菌丝不安定的话也有可能成为暴走的原因。

--------------------------------------------------------

交换时序

将1龄中期~ 2龄中期的幼虫放入第一个菌丝瓶。

2瓶羽化和3瓶羽化都是,
第1瓶投入后,经过6个月后更换为最后一瓶(羽化用瓶)。

特别是到最后瓶子的交换时间非常重要。
过早和过晚都不好,在完全成长之前换最终瓶。
过早的话,饵食不足,必须再次进行饵食交换,饵食不足的情况下早期化蛹~羽化。
如果过晚,等到完全成长后再交换,就会马上开始建造蛹室。

最后一瓶最后装瓶的时候约有50mm的孔到底部,
使用时只把底部挖开。
它的直径为80毫米,足以让大幼虫侧卧。

如果你让幼虫潜入底部,
用交换前上一瓶食痕填到上部轻轻拍紧
把挖开的时候露出来的菌丝覆盖在上面,然后再进行加固。


换菌搭配1
第1瓶:品种C (1500ml) 5.5 ~ 6个月
第2瓶;品种C(3200毫升)交换后7个月左右羽化
※不改变菌种的模式

换菌搭配2
第1瓶:品种B (1500ml ~ 2000ml) 5.5 ~ 6个月
第2瓶;品种C(3200毫升)交换后6.5个月左右羽化
※第1瓶1500ml饵食多少不足,
增加到2000毫升,长期使用不方便。

换菌搭配3
第1瓶:品种B(650毫升)3.5个月
第2瓶:项目B (1500ml) 2.5个月(第1支加起来约6个月)
第3瓶;品种C(3200毫升)交换后6.5个月左右羽化
※为了弥补继搭配2的个别饵食不足的模式

换菌搭配4
第1瓶;品种A(650毫升)3个月
第2瓶;品种B (1500ml) 2.5个月(第1支加起来约5.5个月)
第3瓶;品种C(3200毫升)交换后6个月左右羽化
※为了初期的成长快,第1只使用项目A,
如果长期使用A,在体重突破之前就会成熟,
第二支是品种B,让成熟速度稍微降低成长。

最终瓶全部是牌子C
至少在化蛹前4个月保持良好状态。

这里所说的期间是平均的,实际上是根据状态来判断的。

也有人说菌种最好不要在中途改变,
我们正在配合进行改变。

--------------------------------------------------------

试一试

为了减少上述搭配4的第1棒→第2棒的交换冲击,
1年前开始尝试的2瓶羽化用的第1瓶

G-pot史鲍特2000ml空瓶使用
首先,将菌丝A挤到下1/3的位置。

20071407_R.jpg

在菌丝稳定的2 ~ 3周后,将B品种挤到剩下的2/3左右。
肩膀的部分超硬。
在中间留出10 ~ 15mm左右的通气孔,
然后再进行1 ~ 2周(将A菌填满后1个月以上)的生长

20071408_R.jpg

用从瓶底(菌种A)通气孔挖到底部,投入二令公幼虫。
※孔的大小是堵塞时空出的直径15mm左右的状态。

2令幼虫吃成长速度快的下部(菌种A)。
上部(菌种B)没有成熟,所以请留在下部(菌种A)吃,
吃完下部(菌种A)的时候,上部(菌种B)的成熟也进行,是3令中期请上移至(项目B)。

一边防止继续吃(高添加)菌种A带来的早期成熟,一边让体重更上一层楼。

过了6个月后,换最后一瓶(牌子C)。

我还不能断言这种模式是好的,
现在以这种模式最高为82g,70g以上的个体比例也有提高的感觉。

根据两种菌丝的兼容性和装压的时机,
从分界线开始有急速恶化,菌不能很好地传播的事。
请尝试这个方法的人自己负责任。


以上,我觉得有因为匆忙写了的奇怪的文章的地方。
请参考一下。

感谢您的长篇阅读。



我在参加排行榜。
スポンサーサイト



スマトラヒラタの使用菌糸について

『使用菌糸を教えてください』
と言ったお問い合わせがよく頂きます。

そのように聞かれればお答えしますが、
飼育環境や詰め方、使用方法が違えば、同じ菌糸を使っても同じ結果にはなりません。

菌糸は同じ銘柄を自分の飼育環境で長く使ってみて、その特徴を掴むことが重要です。

公開できる範囲で当方の菌糸の扱いをお伝えします。

--------------------------------------------------------

使用している菌糸の特徴・特性

当方では現在3銘柄の菌糸を使用しています。

他にも色々な銘柄の菌糸を試してきましたが、
この3銘柄は、全て6年以上使用し続けています。

温度19~21℃,湿度50~70%で管理

菌糸A(オオヒラタケ菌)
 オガ粒子:粗+微粒(同メーカーの粗目ブロックと微粒子ブロックを1:1でミックス)
 劣化速度:早め
 初令~3令初期の成長速度:速い
 6ヶ月位経過時には体皮が厚く黄色くなっている傾向有り(成熟が早く最後まで伸びない)

銘柄B(ヒラタケ菌)
 オガ粒子:中~微粒
 劣化速度:普通
 初令~3令初期の成長速度:普通
 6ヶ月位経過時には体皮がまだ薄く、もうひと伸びしそうな感じがあります。

銘柄C(カンタケ菌)
 オガ粒子:中
 劣化速度:遅め
 初令~3令初期の成長速度:遅い

--------------------------------------------------------

オガの粗さ

3本羽化の1~2本目や、2本羽化の1本目の場合は、
オガの粗さはあまり気にしていません。

最終ボトル(羽化用)に粗すぎるオガはあまり向いていないようです。
成熟前の3令幼虫であればまだ良いですが、3令後期の幼虫は暴れやすい傾向にあります。

--------------------------------------------------------

菌糸とボトルの材質、蓋(フィルター)の相性

銘柄Aに使用するボトル
※1本目用に650mlのPPボトル(スポンジフィルター)を使用。

銘柄Bに使用するボトル
①ガラス瓶(タイペスト紙を挟みます)
 菌の回りが少し悪い。
 上部に水が溜まりやすく劣化が早い。
②クリアボトル(3つ穴のフィルター):
 菌の回りが少し悪い。
 上部に水が溜まりやすく劣化が早い。
③PPボトル(タイペスト紙を挟むタイプ):
 上部に水が溜まりやすく劣化が早い。
④PPボトル(G-potスタウトの空きボトル):
 上部に水が溜まりにくい(乾燥気味になる)
 通気が良すぎる為か、フィルターに近い部分にたまにカビが付く時があるが、上部が乾燥しているためあまり広がらない。
※当方では成長期に使用する銘柄Bは④のG-potスタウト1500ml又は2000mlのボトルを使用。
 このボトルは、逆さ飼育が出来るように考えられていますが、逆さでは使用していません。

銘柄Cに使用するボトル
※羽化用には、3200mlのクリアボトルを使用。
 蓋の3つ穴タイプでは通気穴が足りません。
 追加で穴を空けて、タイペスト紙を挟んでいます。
 穴を増やせば乾燥も早くなりますが、
 菌糸上部は乾燥気味にさせたいと思っています。

20071401_R.jpg

--------------------------------------------------------

菌糸の詰め圧・詰め方

3本羽化の1本目は、緩めに詰めています。
中心には直径10~15mmの通気兼初~2令幼虫投入用穴を空けています。

2本羽化の1本目や3本羽化の2本目は、やや固めに詰めています。
中心には直径10~15mmの通気兼初~2令幼虫投入用穴を空けています。

最終ボトルは、超固詰めしています。肩口は特に。
中心には直径約50mmの通気兼3令幼虫投入用穴を底まで空けています。

安どんさん作、肩口を固く詰める器具『シュモクザメ』
 ※最近はブログの更新が無いようです。

20071402_R.jpg

20071403_R.jpg

↓自作の穴あけ補助具

20071404_R.jpg

DDA様のモグラ君を使用

20071405_R.jpg

20071406_R.jpg

このように綺麗に穴あけが出来ます。

綺麗に穴あけすることで、表面の劣化を抑えます。

緩めとか固めとか言葉ではうまく伝わらないと思いますが、
超固めはプレス機を使って結構力を入れているくらいで、
手詰めでは厳しいくらいの固さだと思います。

--------------------------------------------------------

菌糸を詰めてからの使用時期

菌糸はボトルに詰めてから最低1ヶ月は使用せず寝かせます。
1本目の場合、詰めて間もない菌糸の場合、食いが良くない。
最終ボトルの場合、菌が落ち着いていないと暴れの原因になることもあります。

--------------------------------------------------------

交換タイミング

初令中期~2令中期の幼虫を1本目の菌糸ボトルに入れます。

2本羽化・3本羽化どちらも、
1本目に投入後、6ヶ月位経過後に最終ボトル(羽化用ボトル)へ交換します。

特に最終ボトルへの交換タイミングが非常に重要です。
早過ぎるのも遅過ぎるのも良くなく、完全に成長しきる前に最終ボトルに交換します。
早過ぎると、餌不足になり、再度餌交換をしなければならなくなったり、餌が足りないまま早期蛹化~羽化してしまいます。
遅過ぎて成長しきってから交換すると、直後に蛹室を作り始めてしまいます。

最終ボトルは詰めた時に約50mmの穴を底まで空けていますが、
使用時に底の部分だけをさらに掘り広げています。
大きな幼虫が横向きになれるくらいの広さで直径80mm位。

幼虫を底まで潜り込ませたら、
交換前の食痕で上部まで埋めて軽く詰め固め、
掘り広げた時に出た菌糸オガを被せてさらに詰め固めています。


リレー1
1本目:銘柄C(1500ml)5.5~6ヶ月
2本目:銘柄C(3200ml)交換後7ヶ月前後で羽化
※菌種を変えないパターン

リレー2
1本目:銘柄B(1500ml~2000ml)5.5~6ヶ月
2本目:銘柄C(3200ml)交換後6.5ヶ月前後で羽化
※1本目1500mlでは若干餌不足になるが、
 2000mlに増やして長期間使うには持ちが悪い。

リレー3
1本目:銘柄B(650ml)3.5ヶ月
2本目:銘柄B(1500ml)2.5ヶ月(1本目と合わせて約6ヶ月)
3本目:銘柄C(3200ml)交換後6.5ヶ月前後で羽化
※リレー2の若干の餌不足を補うためのパターン

リレー4
1本目:銘柄A(650ml)3ヶ月
2本目:銘柄B(1500ml)2.5ヶ月(1本目と合わせて約5.5ヶ月)
3本目:銘柄C(3200ml)交換後6ヶ月前後で羽化
※初期の成長が早いために1本目に銘柄Aを使うが、
 長期間銘柄Aを使うと体重が乗り切る前に成熟してしまう為、
 2本目は銘柄Bで成熟速度を少し落として成長してもらう。

最終ボトルは全て銘柄C
少なくとも蛹化までの4ヶ月くらい良い状態を保たせます。

ここで言う期間は平均的なもので、実際には状態を見ながら判断します。

菌種は途中で変えない方が良いという方もみえますが、
当方ではステージに合わせて変えています。

--------------------------------------------------------

試しに

上記リレー4の1本目→2本目への交換ショックを減らす目的で、
1年前から試している2本羽化用の1本目のボトル

G-potスタウト2000mlの空きボトルを使用
まず、銘柄Aを下1/3位やや緩めに詰めます。

20071407_R.jpg

菌が安定する2~3週間後、銘柄Bを残りの2/3やや固めに詰めます。
肩の部分は超固く詰めます。
真ん中に10~15mm程度の通気穴を深く空け、
それから1~2週間(銘柄Aを詰めてから1ヶ月以上)熟成させます。

20071408_R.jpg

ボトルの底(銘柄A)から食べてもらうイメージで通気穴を底まで掘り広げ、♂の2令幼虫を投入します。
※穴の大きさは詰めた時に空けた直径15mm程度のままです。

2令幼虫には成長スピードの速い下部(銘柄A)を食べてもらいます。
上部(銘柄B)は熟成が進んでいない為、下部(銘柄A)に留まって食べてもらい、
下部(銘柄A)を食べ切った頃、上部(銘柄B)の熟成も進み、3令中期に上部(銘柄B)に移動してもらうイメージです。

銘柄Aを食べ続けることによる早期成熟を防ぎながら、さらに体重を乗せます。

6ヶ月位経過したら、最終ボトル(銘柄C)に交換します。

このパターンが良かったとはまだ言い切れませんが、
今現在82gを筆頭に、70g以上でもまだ伸びてくれそうな雰囲気の個体割合が高い感じです。

20071409_R.jpg

2種類の菌糸の相性や、上部を詰めるタイミングによっては、
境目から急速に劣化したり、うまく菌が回らないことがあります。
この方法を試される方は自己責任でお願いします。


以上、急いで書いたのでおかしな文章になっているところがあると思いますが、
参考にしてみてください。

長文お読みいただき、ありがとうございました。



ランキングに参加しています。

↓2つ共ポチッとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 クワガタブログへ 

⇒2つのブログランキングに参加しています
⇒応援してもらえると記事UP頑張れそうです^^/


プロフィール

ひろ

Author:ひろ
 
2011年8月にオオクワガタのペアを知人から頂き、それからクワガタにはまっていきました。

採集は主にオオクワガタ狙い
飼育は主にスマトラヒラタ
で楽しんでいます。

=オオクワガタ採集==============
2013年7月初の自己採集!
2018年11月までに9県制覇!

=スマトラヒラタ飼育============
目標110mmUP
2020年7月107.6mm完品羽化
※羽化後★個体では最大109.2mm
※上翅矯正個体では最大108.4mm

Twitter
訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
余品販売
ヤフオクで余品販売中
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
31位
アクセスランキングを見る>>
お世話になっているお店
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR