• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

自作発酵マット飼育個体

1本目~3本目まで、

全て自作の発酵マットで飼育した個体です。

17020501_R.jpg

写真では99.6mmとなっていますが、

99.4mm~99.6mmくらいになります。

自作の発酵マットで飼育した個体の中では、

過去最大サイズとなりました。


こちらは先日紹介しました、

ギネス超え105.4mmの兄弟となります。

良い血を持っているからだとは思いますが、

自作の発酵マットもまぁまぁの出来だったようです。



ランキングに参加しています。

↓2つ共ポチッとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 クワガタブログへ 

⇒2つのブログランキングに参加しています
⇒応援してもらえると記事UP頑張れそうです^^/





ギネス超え

最近記事に出来るようなネタもなく、

更新サボってばかりです。


昨年11月にスマトラヒラタ♀ギネス越えとしてUPしましたが、

別のラインで微妙にそれを超える、

56.5mmが羽化しました。

1月発売のBE-KUWA飼育レコードで予想通り?58.0mmに更新されましたので、

大したことではないのですが。。。


このラインは♀がほとんどの個体で53mm以上、

現在、56mmUPが1頭,55mmUPが2頭,54mmUPが3頭と、

♀のアベレージが高いです。


同腹♂はこれまでに、

101mmUPが羽化していました。


そして、

幼虫時体重が76gという、

自己飼育最大体重個体(記事はこちら)が今年1月1日に羽化しました。

蛹室は少ししか見えておらず、

大きさはわからなかったのですが、

掘り出して見てびっくり!

見た瞬間デカイ!ってわかりました。

17020103_R.jpg

17020104_R.jpg

17020105_R.jpg

ノギスを当ててみると、

17020101_R.jpg

なんと!

現BE-KUWA飼育レコードの104.2mmを1mm以上超え、

自己飼育記録(前記録103.3mm)を2mm以上超え、

105.4mm!

17020102_R.jpg

申請していないだけで実際には106mm台を出されている方もみえるので、

記事UPすることに。


顎などに目立つディンプルもなく、

無理のない個体ですが、

右上翅に何かで押さえたような凹みがあることだけが残念。

最後の写真だと光の加減でそれが分かりやすい。


あと、

長さを求めたラインなので太さは無いです。


♂♀共に自己飼育記録ラインで、

次世代にはもっと期待してしまいます。


種親は100.0mm×55.3mmのCBF1

まだ♂♀共に羽化待ちの個体が残っていますので、

そちらにも期待します。


こんなサイズが出るとも知らず、

先日ヤフオクで、

■ スマトラヒラタ アチェ産 大型 ♂101.4mm+♀54.1mm 同腹 ■

当ラインの同腹個体を出品してました~

そちらでも次世代凄いの出してくれると嬉しいです。


今年は103.3mmの個体を種親としてブリードを開始しましたが、

この先のブリード計画を大幅に見直します。


そして、

次の目標は106mmUP!

頑張ります!



ランキングに参加しています。

↓2つ共ポチッとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 クワガタブログへ 

⇒2つのブログランキングに参加しています
⇒応援してもらえると記事UP頑張れそうです^^/




1033始動

スマトラヒラタ(アチェ産)の自己飼育記録個体である、

103.3mmのブリードを開始しました。

羽化後約半年経過しました。


このラインは最低が99.1mmで、

それ以外の個体は全て100mmUPという期待のラインです。


同腹♀は既に3頭使用済み。

2016/01 kainbuuさんに譲って頂いた『UltimateAceh Premium DX』に53.0mmを

2016/02 オリジナルの100.0mmに55.0mmを

2016/08 kuniさんに譲って頂いた『989×998』に53.2mmを


そして今回 オリジナルの103.3mmに50.6mmのインライン

16120201_R.jpg

実はこの♀の羽化が2015/12の為に早く使いたく、

5ヶ月経過したころからペアリングを始めていたのですが、

♂がまったくその気になりませんでした。

6ヶ月が経過してやっとペアリング成功です。


又、この103.3mmにアウトラインでペアリング予定の♀が控えております。

全て別系統で、

先日紹介した自己記録の56.4mm、

その他デカ♀55.7mm,55.4mm,55.0mm,54.6mmを含む数頭キープ。

同腹♂の羽化待ちでどの♀を使うかまだ決まっていません。

全部かも?

来期も飼育数が多くなりそうで怖いです^^;


助っ人大型血統とのアウトラインも非常に楽しみですし、

インライン、他系統とのアウトライン・・・と、

今から楽しみで仕方ないです!



ランキングに参加しています。

↓2つ共ポチッとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 クワガタブログへ 

⇒2つのブログランキングに参加しています
⇒応援してもらえると記事UP頑張れそうです^^/







スマトラヒラタギネス越え

スマトラヒラタの羽化個体サイズ計測を行いました。


蛹で掘り出し、

人工蛹室で管理をしていました。


蛹体重もまぁまぁ?重く、

長さもありました。


羽化後約3週間が経過したので、

サイズ計測です。


とりあえず、

現ギネス(BE-KUWA飼育レコード)サイズを超えてきました!


蛹時の体重は14g

蛹の長さは58~59mm


そして、

羽化サイズは56.4mm!


16112501_R.jpg

はい。

♀です(笑)


超えてはいますが、

実際もっと大きなサイズを出している方がみえるので、

大したことないです^^;

蛹体重も15gあるとか。


同腹の♂は結構体重乗ってる個体が多いので、

♂の成長も非常に楽しみなラインとなりました。



ランキングに参加しています。

↓2つ共ポチッとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 クワガタブログへ 

⇒2つのブログランキングに参加しています
⇒応援してもらえると記事UP頑張れそうです^^/











飼育方法見直し

スマトラヒラタの羽化サイズのアベレージが徐々に上がってきましたが、

限界も感じています。

過去の飼育データを見直したところ、

100mm台までの飼育方法と、

101mm台~103mm台の飼育方法が異なることに気づきました。

今までの方法でも100mm台までは十分出ますが、

さらに上を目指すために、

コストは上がりますが、

今までの方法と新たな方法半々くらいでやってみます。

たまたまかも知れないので半々です(笑)


7月下旬に2令にて1本目菌糸に投入した2頭の餌交換をしました。

3ヶ月経過となります。

16110101_R.jpg

16110102_R.jpg

2頭共まずまずの成長です。

頭幅は16.6mm(61g)と16.8mm(65g)で、

すごく大きいってわけではありません。


このラインは、

オリジナル♂100.0mmに顎太系の♀53.8mmを掛け合わせたものです。

この2個体は2セット目分となり、

1セット目分からは頭幅17.5mmが出ています。

たまに18mm超え~と言われてますが、

なかなかそんな大きな頭は見れません。


まぁでもこれは楽しみなラインになりました。



ランキングに参加しています。

↓2つ共ポチッとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 クワガタブログへ 

⇒2つのブログランキングに参加しています
⇒応援してもらえると記事UP頑張れそうです^^/



プロフィール

ひろ

Author:ひろ
 
2011年8月にオオクワガタのペアを知人から頂き、それからクワガタにはまっていきました。

採集は主にオオクワガタ狙い
飼育は主にスマトラヒラタ
で楽しんでいます。

=オオクワガタ採集==============
2013年7月初の自己採集!
2016年2月までに8県制覇!

=スマトラヒラタ飼育============
目標106mmUP
2017年3月105.5mm羽化

Twitter
訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
余品販売
ヤフオクで余品販売中
FC2アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
20位
アクセスランキングを見る>>
お世話になっているお店
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR